まさかろぐ

プログラムのこと、DTMのこととか

FL StudioをAmazon最安値より約6500円安く手に入れる方法まとめ

先に結論を

1. まずこれを買う 2. 次にこれを買う 3. 約6500円浮く

最安値はだいたいの場合Amazon

FL Studio 12を国内で購入する場合、多くの場合はAmazonで購入するか、楽器系のネットショップで購入することになります。
この記事を執筆している2017/10/08現在、フックアップ社のサイトで紹介されている購入先の5店舗と比べてAmazonが最安値となっているので、一番安く購入するならAmazonで購入することになります。

FL Studioには他社DAWからの乗り換え用の「クロスグレード版」がある

FL Studioには「通常版」のほかに「クロスグレード版」というものがあり、「通常版」に比べ「クロスグレード版」の方が安い価格で販売されています。

↓ 通常版 ↓ クロスグレード版

「クロスグレード版」とは、他のDAW(作曲ソフト)を持っている人向けに安い価格で販売しているバージョンで、内容は通常版と全く同じです

新しいバージョンを永久無料で使える「Life Time Upgrade」も通常版と同様に使えます。
2018/06/25追記: すなわちFL Studio 12を購入すればFL Studio 20への無償アップグレードが可能です。

他の作曲ソフトからFL Studioへ乗り換えてもらいたいことから安く販売されているわけです。

ただし、クロスグレード版を購入した場合、ライセンス登録の際にそれまでにFL Studio以外の作曲ソフトを持っていたことの証明として、購入日やライセンスキーなどを記入する必要があります。
そのため、クロスグレード版のみを単体で買ったとしても、ライセンス登録することができません。

Sony ACIDを先に買ってFLのクロスグレード版で乗り換えた方が、FL通常版より安い

上で述べたとおり、新規で購入する場合はクロスグレード版を利用することができません。しかし、先に別の安いDAWを買ってからクロスグレード版で乗り換えることで、通常版を買うより安くFL Studioを手に入れることができます。
FLへのクロスグレードのために先に購入するDAWは、Sonyの「ACID Music Studio 10」です。

「ACID Music Studio 10」は 元々1万円以上するソフトだったので、FL Studioのクロスグレード製品の対象になっていました。しかし、後にACIDが半額未満に値下がりしたことで、むしろACIDを買ってからFLに乗り換える方が安くなるという奇妙な状況が生まれました。

ACID付属の音声素材(wavファイル)なども付いてくるので、安くなる以上のメリットもあります。

フックアップ社(FL Studioを売ってる日本代理店)が出しているクロスグレード対象製品一覧には「Sony Creative Software : ACID / Vegas」としっかり明記されているので、ACIDからは問題なく乗り換えできます。

どれだけ安くなるか

この記事を執筆している時点で、FLは¥28080(通常版)、¥16416(クロスグレード版)、ACIDは¥5105なので、

  • FL通常版
    • ¥28080
  •  FLクロスグレード版+ACID
    • ¥5105 + ¥16416 = ¥21521

すなわち、¥28080 - ¥21521 =¥6559 となり、
合計で6559円も安くなることがわかります。

※クロスグレード版での価格が同価格だったので、解説本pdfバンドル版の価格で計算しています

結論(再掲)

1. まずこれを買う 2. 次にこれを買う 3. 約6500円浮く

補足: クロスグレード版購入後の申請方法

FL Studioクロスグレード版には、クロスグレード申請用紙という用紙がパッケージに入っています。これに必要事項を記入して、FAXまたは郵送でフックアップ社へ送付するとクロスグレード申請完了となります。

用紙には特に期限などは書かれていませんでしたが、購入後なるべく早く送った方が良さそうです。(私は3ヶ月後に送りましたが…)

なお、クロスグレード版は日本代理店が開発元とは別に管理しているようなので、クロスグレード申請とは別に開発元のImage-Lineへの通常のライセンス登録も必要になります。お忘れなきよう。


更新履歴:
2018/06/25 FL Studio 20発売による一部リンク切れを修正


この投稿をシェアする

前へ

VSTで「msvcr90-ruby191.dllが見つからない」と言われる場合の解決策

次へ

[PHP]CodeIgniterでのDBトランザクションのネスト化について

8 コメント

  1. a

    Producer EditionにもSytrusやMaximusなど入ってます。
    http://www.image-line.com/flstudio-feature-comparison/

  2. masaka_k

    aさん
    コメントありがとうございます。

    確かに公式の比較表によればSytrusも入っていたようですね…
    古い情報(FL Studio@wiki: https://www42.atwiki.jp/fruity/pages/78.html )を参考にしてしまっていました。記事中に追記で補足させていただきます。
    ご指摘ありがとうございます。

  3. クロスグレード版ってimageline社に申請してからどのくらいで使用可能になりますか?

    • masaka_k

      あさん
      お返事遅くなってすみません。
      クロスグレード版はImage-Line社ではなく日本代理店のフックアップ社のみへ申請を行います。クロスグレードの申請自体はImage-Lineが管理しているFL Studioのライセンスとは完全に別で行われているようなので、商品が届いたらすぐ使うことができます(もちろん早めにクロスグレード申請するに越したことはないと思いますが…)。

  4. m

    クロスグレード申請書類を郵送で送り、特に何もフックアップ社から連絡がこない状態が続いているのですが問題はないのでしょうか?

    • masaka_k

      mさん
      お返事遅くなってすみません。
      私はFAXで送りましたが特に何も来なかったので、それで問題ないと思います。
      何かしら向こうからレスポンスがあると嬉しいんですけどね・・・(汗)

  5. アマシ

    質問なんですが、
    FAXまたは郵送で行うクロスグレードの申請で
    具体的に何が得られるのでしょうか?
    クロスグレードの申請をしないと使えない
    というわけでもないので何が変わるのか疑問です。

    • masaka_k

      アマシさん
      クロスグレード申請を行っても向こうから特に何も送られてくることはありません。

      最悪クロスグレード申請しなくても使い続けられるとは思いますが、それはライセンス規約上違反になってしまうので申請しないといけないという感じです。
      (クロスグレード元製品のライセンスキーが正しいか確認することはしないはずなので、あくまで購入者の良心に任せている形なのだとは思いますが…)

コメントを残す

CAPTCHA


© 2016-2018 M'z Koo-boo.