dynabook R83にUbuntu 18.04を入れようとしたところLive USB stickのブート画面で固まってしまいましたが、BIOS設定をいじったら直ったのでそれについて書いておきます。

症状

Ubuntu公式の手順にしたがって作成したLive USB stickを接続し、ブート画面でF12連打→USBメモリから起動するオプションを選択しました。

すると、USBメモリからのブート自体には成功したものの、以下の画面(GNU GRUB version 2.02)で固まりました。
上下キーを押してもカーソルが移動しない状況でした。

解決策

原因はBIOS設定でSecure Boot機能を有効にしていたことだったようです。
同様にF12連打で起動してBIOS設定に入った後、以下のように設定を変更したところ、うまく起動できるようになりました。

  • [Security] → [Secure Boot]: Disabledに変更

海外フォーラム(Ask Ubuntu)ではBIOS設定から「Intel Virtualization Technology」を無効化すると動作するようになるという報告がありましたが、私の環境では特に変化がないようでした。


この投稿をシェアする