まさかろぐ

プログラムのこと、DTMのこととか

カテゴリー: Linux

Ubuntu 18.04でファイルマネージャのキー入力を先頭一致でのフォーカス移動に変更

Nautilus 3.6を境に、キーをしばいた時の挙動が先頭一致によるファイルへのフォーカス(Type-ahead search)からキーワード検索に変更されたようです。

これに伴ってUbuntu 17.04以降ではキー入力時にはキーワード検索されるようになっているようでした。

キーワード検索でも良いっちゃ良いんですが、表示までに少し時間がかかるので割とイライラします。

有志による非公式パッチで先頭一致フォーカスへ変更

先頭一致へ変更する非公式パッチ版(https://github.com/halkotron/nautilus-typeahead)がPPAリポジトリで配布されているので、それを利用します。

以下のコマンドで、PPAリポジトリを追加してインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:lubomir-brindza/nautilus-typeahead
$ sudo apt full-upgrade

nautilusを一旦終了します。

$ nautilus -q

結果

「op」と入力すると「opt」へ即フォーカスされるようになりました。
遅延なくフォーカスされるのでとても快適。

Ubuntu18.04のnautilusを非公式のものに置き換えることになるので、もし気になる場合は他のファイルマネージャを利用するという選択肢もあります。

情報元

Type Ahead search using Nautilus on Ubuntu 18.04
I am new to Linux and have a little question, more a preference than a problem. Before upgrading to Ubuntu 18.04 LTS, i was using Ubuntu 16.04.1 LTS. When i ...

dynabookでUbuntu Live USBをブートするとGRUBでフリーズする際の解決策

dynabook R83にUbuntu 18.04を入れようとしたところLive USB stickのブート画面で固まってしまいましたが、BIOS設定をいじったら直ったのでそれについて書いておきます。

症状

Ubuntu公式の手順にしたがって作成したLive USB stickを接続し、ブート画面でF12連打→USBメモリから起動するオプションを選択しました。

すると、USBメモリからのブート自体には成功したものの、以下の画面(GNU GRUB version 2.02)で固まりました。
上下キーを押してもカーソルが移動しない状況でした。

解決策

原因はBIOS設定でSecure Boot機能を有効にしていたことだったようです。
同様にF12連打で起動してBIOS設定に入った後、以下のように設定を変更したところ、うまく起動できるようになりました。

  • [Security] → [Secure Boot]: Disabledに変更

海外フォーラム(Ask Ubuntu)ではBIOS設定から「Intel Virtualization Technology」を無効化すると動作するようになるという報告がありましたが、私の環境では特に変化がないようでした。

© 2016-2018 M'z Koo-boo.