git commit --amendの取り消し方法について、ググっても出てこない2つ目の解決策が見つかったので記事にしてみます。

通常のgit commitではコミットメッセージを空のままで終了すればコミットをキャンセルできますが、git commit --amend(前のコミットへ上書き追加)の場合はそのまま終了してもコミットされてしまうので、うっかり実行するとキャンセルできなくて困ります。

解決策1

git commit --amendを行った後に取り消したい場合には、以下のコマンドを実行します。

$ git reset --soft HEAD@{1}

git commit --amendの実行がなかったことになってくれます。

解決策2

git commit --amendでコミットメッセージを入力する際、すでに入力されているコミットメッセージを削除して空にしてから保存&終了します。

すると、以下のようにgit commit --amendがキャンセルされてくれます。

$ git commit --ammend
Aborting commit due to empty commit message.

個人的にはこっちのやり方の方が毎回コマンドをググらなくて良いので楽かなと。


この投稿をシェアする